底地取扱店に相談

借地権の売買はたくさんの手続きが必要ですが、土地を借りている人にとっては重要で抑えて置かなければならない部分です。手続きが思うようにいかず面倒くさいと感じてしまう人もいます。借地権を買う側からすれば、いちいち地主に確認をしなければいけなくなり、金銭的な部分も発生してしまうとなれば、できるだけ安く権利ぐらいはしたいというのが本心です。

底地取扱店売主にしてみれば、少しでも高い値段をつけたいというのがあり、知識もない人では違うトラブルに発展してしまいます。不動産会社に頼もうとしても、借地権の売買には口を出してくれないか、わざと長引かせて仲介料を取る所もあります。何故迅速に会見してもらえないかというと、法的なトラブルに発展しやすい、借地権の売買は煩わしいからです。

そんな時は底地取扱店などに任せてしまうのがいいです。借地に関してプロの教育を受けているこの底地取扱店では地主との交渉までやってくれるところも多く安心して任せられます。また地主側の立場でも考えてくれるので、借地権を無駄に行使してきて困ってしまっている場合でも交渉をやってくれます。どちらの立場でも解決の道筋を、見出してくれるのが底地取扱店になります。借地権売買の手続きに困ったら相談してみてはいかがでしょうか。

借地権が安い理由

借地権はそれ単独で売買されるとどうしても値段が下がってしまいます。借地権自体は強く、拘束力も高い権利ではありますが土地を完全に所有しているというわけではないので、契約の更新料や立替の時の承諾、その料金も継続的に発生していくことになります。何かにつけて地主さんの許可を仰がなければならないため煩わしい部分があります。

相談このような理由があるため、借地権の売買では実際の価格より安いところで売買されてしまうのです。これは底地にも当てはまり、買う方からしてみても借地人が契約を解除しない限り永遠に契約が継続していってしまいます。これは自分で借地権を買い取らない限り、自分が建てたいものさえ建てることができなくなってしまいます。

土地の価格で比べても借地権の賃料は低く、投資効果すらないのが現状です。底地と借地権を別々に売買したとしても、それらの値段が流れるように安定せずに動いてしまうため、本来の価値の半分程度になってしまいます。地主などの方になる貸す側はこれらのことを防ぐために定期付きの借地権を土地に作ったりして対応することがいい方法になります。借地権をもっている側も、あらかじめこのようなことがあると分かったうえで、売買の相談をしていくべきです。

借地権と地主との関係

賃借権借地権には2つの種類があり、地上に建てられたものの権利である地上権と借地そのものの権利である賃借権があります。一般的に使われているのは賃借権の方です。基本賃借に対する借地権は地主の承諾がなければ、譲渡はできません。地主の側はその人を信頼して、土地を譲渡しているので知らない間に貸主がどんどん変わっていったらそれは問題になってしまいます。

知らない人に譲渡してしまうと、土地に対して取り決めもなく無断で家を増改築したり、土地代を払わなかったりと地主に不利益になるようなことが起こってしまいトラブルにもなりかねません。やってはいけないというわけではないので、きちんと地主の許可をとっていれば問題もトラブルもなく進めることができるでしょう。借地権の売買は地主が不利益を被らないために承諾がいるわけですが、地主の側が理由もなくそれを拒んでしまうということも考えられます。地主の側がそれを拒んでしまうと、借主側は建物を売ろうにも売れなくなってしまいます。

この場合借主側の権利を保護するためにも第三者の介入が必要不可欠になってきます。借地権の売買を保護するためにそのようなことが起こった場合、借地権譲渡の売買許可を借主側が裁判所に対して請求することができます。裁判所の方は申請があると、支払い能力や転売の経緯などを調査して認められれば、借地権の転売を許可できることになります。ただし、地主の側に不公平がないように承諾量などを払うように命じられる可能性があります。

借地権は売買可能

借地権こと土地を管理する権利は売買することが可能です。土地そのものだけならまだしも借地権を利用しているということは、そこに家や事務所などを建てて利用している人がいます。土地を所有しているわけでなく借地として借りている場合、家や事務所を売却したいなと考えたときに少しややこしいことにもなります。

借地権借地権があり、そこに建っている家を売却する場合、当然のことながら借地権も一緒に移転することになります。これはよくコーヒーカップとソーサーに例えられます。たとえそれが一級品のものだとしても、カップだけだったり、ソーサーだけだったりするとあまり買い手がつかなくなってしまいます。それと同じで家だけなら普通の自分たちの持ち物のなので売買ができるのですが、借地権がついてくるとそれが一緒になって買主の方に移転するため、途端に貸主の許可や法律的な手続きが必要になってくるのです。加えて借地権だけ、家だけになってしまうとその分かかくが安くなってしまい、結果売却する方は損をするということになってきます

借地権を売却するというのはまれなケースで、不動産会社へ単独で売却するのと地主さんと共同で売却するのとでは価格も違ってきます。価格に対して詳しい知識もないままでいると、想像もしなかった価格で売ってしまったり、買い取りをしたりしてしまいます。借地権の売買とは一体どのような手続きを踏んだうえで行われるものなのでしょうか。借地権の売買について紹介していきます。