借地権は売買可能

借地権こと土地を管理する権利は売買することが可能です。土地そのものだけならまだしも借地権を利用しているということは、そこに家や事務所などを建てて利用している人がいます。土地を所有しているわけでなく借地として借りている場合、家や事務所を売却したいなと考えたときに少しややこしいことにもなります。

借地権借地権があり、そこに建っている家を売却する場合、当然のことながら借地権も一緒に移転することになります。これはよくコーヒーカップとソーサーに例えられます。たとえそれが一級品のものだとしても、カップだけだったり、ソーサーだけだったりするとあまり買い手がつかなくなってしまいます。それと同じで家だけなら普通の自分たちの持ち物のなので売買ができるのですが、借地権がついてくるとそれが一緒になって買主の方に移転するため、途端に貸主の許可や法律的な手続きが必要になってくるのです。加えて借地権だけ、家だけになってしまうとその分かかくが安くなってしまい、結果売却する方は損をするということになってきます

借地権を売却するというのはまれなケースで、不動産会社へ単独で売却するのと地主さんと共同で売却するのとでは価格も違ってきます。価格に対して詳しい知識もないままでいると、想像もしなかった価格で売ってしまったり、買い取りをしたりしてしまいます。借地権の売買とは一体どのような手続きを踏んだうえで行われるものなのでしょうか。借地権の売買について紹介していきます。