借地権と地主との関係

賃借権借地権には2つの種類があり、地上に建てられたものの権利である地上権と借地そのものの権利である賃借権があります。一般的に使われているのは賃借権の方です。基本賃借に対する借地権は地主の承諾がなければ、譲渡はできません。地主の側はその人を信頼して、土地を譲渡しているので知らない間に貸主がどんどん変わっていったらそれは問題になってしまいます。

知らない人に譲渡してしまうと、土地に対して取り決めもなく無断で家を増改築したり、土地代を払わなかったりと地主に不利益になるようなことが起こってしまいトラブルにもなりかねません。やってはいけないというわけではないので、きちんと地主の許可をとっていれば問題もトラブルもなく進めることができるでしょう。借地権の売買は地主が不利益を被らないために承諾がいるわけですが、地主の側が理由もなくそれを拒んでしまうということも考えられます。地主の側がそれを拒んでしまうと、借主側は建物を売ろうにも売れなくなってしまいます。

この場合借主側の権利を保護するためにも第三者の介入が必要不可欠になってきます。借地権の売買を保護するためにそのようなことが起こった場合、借地権譲渡の売買許可を借主側が裁判所に対して請求することができます。裁判所の方は申請があると、支払い能力や転売の経緯などを調査して認められれば、借地権の転売を許可できることになります。ただし、地主の側に不公平がないように承諾量などを払うように命じられる可能性があります。