借地権が安い理由

借地権はそれ単独で売買されるとどうしても値段が下がってしまいます。借地権自体は強く、拘束力も高い権利ではありますが土地を完全に所有しているというわけではないので、契約の更新料や立替の時の承諾、その料金も継続的に発生していくことになります。何かにつけて地主さんの許可を仰がなければならないため煩わしい部分があります。

相談このような理由があるため、借地権の売買では実際の価格より安いところで売買されてしまうのです。これは底地にも当てはまり、買う方からしてみても借地人が契約を解除しない限り永遠に契約が継続していってしまいます。これは自分で借地権を買い取らない限り、自分が建てたいものさえ建てることができなくなってしまいます。

土地の価格で比べても借地権の賃料は低く、投資効果すらないのが現状です。底地と借地権を別々に売買したとしても、それらの値段が流れるように安定せずに動いてしまうため、本来の価値の半分程度になってしまいます。地主などの方になる貸す側はこれらのことを防ぐために定期付きの借地権を土地に作ったりして対応することがいい方法になります。借地権をもっている側も、あらかじめこのようなことがあると分かったうえで、売買の相談をしていくべきです。